Amazonライブリンク

Trend Match

  • 記事と自動で同調
無料ブログはココログ

« 実感ひしひし | Main | もう一つの十年 »

Tuesday, November 03, 2015

十年の孤独

ほぼ一年、二歳下の上司の下で五十路前の手習いに勤しんだ。本人としてはかなり、相当に、がむしゃらに過ごしてきた。当の上司や周囲にはそれほどに映らないかもしれないが憔悴し視野狭窄に陥ることも何度かあった。
その上司と、今回で二度目の半期フィードバックを終えた。プロジェクト個々の山谷はあっても、基本スタンスは何も変わらない。自分の気持ちはこのブログにも以前書いたものとさして変化なし。
「なぜできないか?」という問いかけは不変。でも質問の本質は「射されるとイヤな部分」をしっかりと突いてくる。成長して(できて)いないことが容認されなくなってきているから。
これまでに少しずつ立場を変えながらも「コンサルタント」を標榜して23年という、上司の振る舞い。もはや一種の円熟味すら感じさせる。いち部署を預かる職掌まであと一歩、しかしそれが彼のキャリア地図にひとかたのマイルストーンとして設置されているとは思わなくもない。
一見すると必ずしもポジティブとはいえない自身のマインドセットや行動パターンのもたらす負の要素、さらにはそれが自分のみならずチームや組織全体へ伝播することによる悪影響たるものを熟知し、それを誘発しないような配慮。時に粗暴な表現や攻撃的な態度を用いることはあっても、ブリンシプルにブレがないから種々の魅力として受け止められる傾向が勝る。こちらとしては、見習うべきところこそ無数にあれどあげへつらう点などどこにもない。
しかし、それが判ることは返って辛くなる。
自身が歳をとった…成長した…からか、批判や不満は相手や仕組みに向けて放たれるのではなく、そんな成長できない自分に向けて襲いかかる。それゆえ、尊敬すべき同僚や合理性が担保された制度・プロセスが自らの誇りであり宝物である反面、その環境に安住しようとしその振る舞いに羨望するだけの自分と比較し、そのちっぽけさに押し潰されそうになることも少なくない。
かなりギリギリな状況。なんとなく「やれたらいいな」なんて職域はどこにも存在しない。悩みぬくことに喜びや次なるステップへの準備としての大切さを感じ取れなければ…

« 実感ひしひし | Main | もう一つの十年 »

仕事 / Enterprise」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134402/62607420

Listed below are links to weblogs that reference 十年の孤独:

« 実感ひしひし | Main | もう一つの十年 »